ドラッグストア バイト 体験談

ドラッグストアのバイト体験談|登録販売者の資格の取得

ドラッグストアのバイトの仕事内容は、
働く先のドラッグストアにもよって違ったり職種にもよりますので一概には言えませんが
基本的に、発注・品出し・接客・レジになります。

 

これ以外は、店長さんや社員の仕事になってくるかと思います。

 

ドラッグストアによっては、重たいものを男性が積極的に運んでくれるところもありますが
女性でもビールやお米を運ぶこともあります。
この辺はお店によっても違いますし、一緒に働くメンバーによっても変わってくるでしょう。

 

ドラッグストアとはいうものの、薬だけではなくて日用品や食品、中には生鮮まで扱っている
ドラッグストアもあります。ですので、仕事内容が働き先により異なてくるというわけです。

 

男女関係なく、重たい商品を運ぶことは結構ありますので
腰を痛めてしまう可能性があります。
正しい持ち方を覚えないといけません。

 

また、お店により強化している商品がある
というのも特徴かと思います。

 

そのため、化粧品を強化して販売したり
登録販売者や薬剤師は特に医薬品の紹介をするということもあります。

 

お客様から、こちらが提案した医薬品などの効果が良かったと
嬉しい報告を頂いたときは、最高に嬉しいですし、
ドラッグストアで仕事をしていて良かったと感じる瞬間でもあります。

 

薬学部を卒業していなくても、将来的に薬を扱う仕事をしたいとお考えなら
ドラッグストアでバイトすること程、貴重な経験はないでしょう。

 

薬の勉強をしながら実務経験を1年以上積むことができます。
しかも、1年以上実務経験があることで、登録販売者の受験資格を得れるのです。
資格を取得して、バリバリ働きたい人にはとても充実した職場になります。

 

資格を取得すると、お客様に第1種以外の医薬品を販売と接客をすることができるようになります。

 

プライベートでも、自分の家族の体調が悪くて病院にかかるほどではない時に、
市販の薬でどんなものが良いのかを選ぶことが出来るようになるので
プライベートでも仕事もでも、この経験を活かせるようになります。