ドラッグストア バイト 体験談

ドラッグストアのバイト体験談|サンプル品がもらえる♪

高校時代の3年間、ドラッグストアでバイトをしていました。
今回はその体験談をお話させてもらいます。

 

私がバイトをしていたドラッグストアは、同系列の店舗の中でも特に大型店で
お客さんもたくさん入ってくれる、かなり活気のあるお店でした。

 

そのため、レジから呼び出されたりすると
かなり息を切らせながら走って行かないと間に合わないとという状況でした。、

 

その部分以外は、本当に楽しいバイト内容でした。

 

それから、何しろ広いので掃除が本当に大変でした。
やってもやっても、なかなか終わりません。

 

体験談としてお話することとなると、やはり仕事の内容が良いでしょうか。

 

基本的な内容は、レジ、品出し、売り場のチェック、
掃除、POP制作、商品の販売くらいだと思います。

 

色んなことをやっていたかのように見えるかもしれませんが
慣れてしまえば、本当に簡単な作業の連続になります。

 

特にPOP書きは楽しかったです。むしろ進んでPOP書きを引き受けていました。

 

一度趣味のイラストをPOPに描いてみたら
他の店舗にも配られるチラシの挿絵になったことがありました。

 

仕事の中でも特徴的だと感じたのは、ドラッグストアならではの薬の奨励販売です。
お客様にお声をかけて、チラシを渡します。

 

レジや入り口などでお客様にハンドクリーム、栄養ドリンクなどのサンプルを配布します。
これがなかなか根気がいる仕事で、断られたりすると意外と心が折れます。

 

なので、笑顔やコミュニケーション能力も
とても大切になってきます。

 

ドラッグストアでアルバイトするメリットという意味では、
シャンプーや薬、日用品などの余ったサンプル品をもらえることです。

 

化粧品のテスターなどももらえたりします。
ここは、社員の方といかに仲良くしているかでもらえる確率が変わってくるでしょう(笑)

 

私はとても社員の方々と仲良くさせていただいて、本当に働きやすい職場でした。
コンビニやスーパーでアルバイトするよりも、私はドラッグストアをおススメします!